恥じは書き捨て

平成生まれゆとり世代の雑記です。書く仕事をしています。隠し事はそんなにありません。

超絶美味。やまやで売っているアメリカのミントチョコ「アンデスクリームミントシン」

f:id:nkmskacker53:20170905132420j:plain

最近、家族みんなでハマっているチョコレートがこちらです。

酒のやまやで売られている、「アンデス」シリーズ。

28枚入り(132グラム)です。

 

 

1,原材料・カロリー

f:id:nkmskacker53:20170905132930j:plain

輸入品なので日本語で書かれたシールが裏面に貼られています。

 

てか、ミントチョコって、材料にミント入ってないんですね。

つまり我々は色と香りで

「うーん、これはミント味!」

と思わされているだけなのか。

かき氷のシロップだって、

目をつぶって匂いを嗅がなければ全部同じ味、

とかいいますもんね。

 

そして熱量は、8粒あたり200キロカロリー。

どうして8粒なのでしょうか。

さっぱりした味なので

気づいたら10粒くらい余裕で食べています。

 

 

2、開封

f:id:nkmskacker53:20170905133330j:plain

7枚×4列で28枚入っています。

サイズはこのくらい。↑

どうです?これなら8粒なんて余裕でしょ?

200キロカロリーあっというまでしょ?

 

 

3、感想

f:id:nkmskacker53:20170905133521j:plain

包装をはがすとチョコ登場。

このような構造になっています。

板チョコの間にミント色の何か(ミントとは言わない)が

注入されています。

チョコ:ミント色=2:1くらいかしら。

 

で、このチョコの何がおいしいって、

全然甘くないところなんですよ。

欧米のお菓子って往々にして甘々じゃないですか。

 

こいつはちがうんだぜ。

なんなら日本のチョコよりも甘くない。

かといって苦いわけではない。

ただただ、爽快感と清涼感が続く。

爽快感と清涼感だけがしつこい。

甘さと苦さに不快感がない。

こういうチョコは一番罪深いと思う。

なぜなら、食べだしたら止まらないから。

 

そして、さらに罪深いことには。

(英語を訳したような不自然な日本語である)

このチョコ、食べ過ぎると

めっちゃおなかがゆるくなるのである。

 

1日に10粒食べたら大変なことになりました。

だっておいしんだもん。

食べてみればわかります。

本当に止まらないんだからね。

 

ちなみに、山形、宮城のやまやにはありましたが、

新発田のやまやには見当たりませんでした。

ちょっと大きめでお菓子の取扱いが豊富なところじゃないと

置いてないのかもしれません。

 

あるいはカルディなんかに行くと

置いてあるかもしれません。

ではまた。