恥じは書き捨て

平成生まれゆとり世代の雑記です。書く仕事をしています。隠し事はそんなにありません。

「カプリコのあたま」食べてみた。開けてびっくり、思ったより小さいぞ!

ずっと気になっていたグリコのお菓子「カプリコのあたま」。

カプリコ自体の大ファン!というわけではないのですが、

あの頭の部分、エアインチョコ感がいいですよね。

ぷくぷくたいとか、ぬーぼーに通じる食感。好きです。

 

本当はブログに書くつもりはなかったのですが、

今回カプリコのあたまを食べる際に衝撃だったので記録しておきます。

f:id:nkmskacker53:20170817111704j:plain

 だからパッケージのまともの写真がありません。

 

 

何が衝撃だったのか、中身です。サイズです。

そもそも、「カプリコのあたま」と聞いて、

どのくらいのサイズを思い浮かべますか。

まあ、小さく見積もってうまい棒の直径ぐらいはあるんじゃないかと。

思うじゃないですか。

 

見てくださいよ~これ~~。

 

f:id:nkmskacker53:20170817111815j:plain

 

なんすかこのプラスチックのケース。

パッケージから想像つかへんわーこんなん。

うまい棒の直径サイズがごろんごろん入ってるかと思ったら

さなぎでも育成するのかというくらいお行儀の良いケース

に収まっているカプリコの頭部たち。

 

 

取り出してみると、

f:id:nkmskacker53:20170817111839j:plain

意外と奥行きはある模様。でも、小さいよやっぱり…。

 

パッケージと比べてみても、

ほらこんなにサイズが

 f:id:nkmskacker53:20170817111851j:plain

あ、あれれ…

「パッケージは誇大表示してねえぞ!詐欺じゃねえぞ!」

と言わんばかりのジャストサイズ。

ぐぬぬ

 

食べてみた。

うん、このエアインチョコ感、まさにカプリコのあたまだね!

サイズにはちょっと納得言ってないけど、おいしいです!

それによく考えたら、12粒入ってるんだもんね。

ダースだって12粒入って100円くらいだもんね。

まあ、許す!!

 

でも、カプリコはやっぱりコーンが欲しくなりますね。