恥じは書き捨て

平成生まれゆとり世代の雑記です。書く仕事をしています。隠し事はそんなにありません。

<マツキヨ限定・謎の商品>カントリーマアムmini魅惑のビターキャラメルの感想

f:id:nkmskacker53:20170830224033j:plain

マツモトキヨシで珍しいお菓子を見つけました。

不二家カントリーマアムのminiです。

「魅惑のビターキャラメル」という、女子たちをウキウキさせる名前のフレーバー。

税込101円。さっそく買ってきました。

 

miniですので普通に売っているサイズより小さめです。

個包装はされていません。

そのため、否が応でも開けたら全部食べなければいけません。

全部食べきる言い訳ができるので私としては最高です。

 

f:id:nkmskacker53:20170830224243j:plain

パッケージ右上部分。

とっても写真がぼけてますが、

マツキヨ限定商品と書かれています。

 

裏面を見てみましょう。

f:id:nkmskacker53:20170830224743j:plain

…何か違和感を感じませんか?

そうです、栄養成分表示がないのです。

カロリーも脂質もわからないのです。

カントリーマアムに限ってこんなことあるのか。

慌てて公式サイトを見に行きましたが、

公式サイトにはこの商品自体掲載されていません。

超絶怪しいです。

 

カロリーがわからないのと同時に気になるのが、

商品の特徴を説明した文章。

 

「外はサックリ、中はしっとりのカントリーマアムが、

 いつでもどこでも楽しめる、一口サイズになりました!」

 

終わり。

 

え、それだけ??

魅惑のビターキャラメルには一切触れていない。

 

パッケージ表側に戻ってみる。

 

「ひと味違う、ほろ苦クッキー」

 

味についてのコメント、それだけ?!

 

フレーバーの名称と同程度の文字数しか、

説明に使わない省スペース志向。

なのにありあまる裏面の空白。

 

それでは開けてみましょう。

f:id:nkmskacker53:20170830225532j:plain

一口サイズのカントリーマアムが出てきました。

これが全部で8枚入っています。

袋を開けた瞬間から、キャラメルの香りが漂います。

 

食べてみましょう。

f:id:nkmskacker53:20170830225720j:plain

断面はこんな感じ。

いつものカントリーマアムと特に変化はありません。

味については、とにかく甘いです。

キャラメルが好きな人にはたまらん甘苦さです。

私のおすすめの食べ方は、牛乳を飲みながら、ですね。

コーヒーや紅茶もいいけど、牛乳が一番捗ると思います。

あと、砕いてホットミルクに混ぜるのもおいしいと思います。

飲み物が何もない状態で全部食べきるのはちょっと大変かも。

 

 

それにしても、どうして栄養成分表示が無いんだろう。

平成27年4月以降、包装された加工食品には記載が義務化されている。

一応平成32年3月までの移行経過措置期間が設けられているものの、

普段からカントリーマアムには栄養成分表示が明記されているし、

今公式サイト上に載っているカントリーマアムは、

期間限定、地域限定も含めすべて栄養成分表示がなされている。

 

マツキヨ限定といいつつ、マツキヨのオンラインショップには

一切取扱いがない点も不思議である。

魅惑のと言うより、謎のビターキャラメルであった。

 

 

追伸

先日、テレビに「チッうっせーな」の國母選手が出ていましたね。